車がもっと快適に!自動運転の最新情報

>

もっと進化した自動運転技術

公共機関と相性が良い

限定領域内であればシステムが全ての運転操作を担当できるというのが、自動運転レベル4の決まりです。
この限定領域内とは具体的に、高速道路の中や平均時速が50キロの都市環境などと、自動運転ができるエリアを限定することを意味しています。
自動運転レベル4は、前もってルートが決まっているバスや、特定の地域を走行するタクシーなどのサービスと相性が良いと言われています。

一般的な車よりも、バスやトラックといった商業用の車の自動運転システムの開発が優先されているのが現状です。
近い未来では、ほとんどの公共の交通機関が自動運転になるかもしれませんね。
今まで以上に時間通りに走行でき、みなさんの生活がますます豊かになるでしょう。

自由に自動運転で移動できる

完全な自動運転を実現するためには、レベル5を満たさなければいけません。
この段階に進むと、走行できるエリアの限定がなくなります。
街中でも高速道路でも、どこでも自由に自動運転で走行できます。
運転に関する操作は、全てシステムが担います。
ドライバーだけでなくハンドルやアクセルなどもいらないので、それらを省いた車が販売されるでしょう。

車内がゆったりとした空間になったり、デザイン性の高い車内になったりする面が、自動運転の進化で得られるメリットです。
これまでは設備の都合上どうしても実現できなかったデザインも、運転に関する設備がなくなったことで実現できるようになります。
より好みのデザインの車を、探しやすくなりますね。