車がもっと快適に!自動運転の最新情報

>

危険な運転を減らすのが目的

レベル3になった車

自動運転レベルが3になると、ついに運転の主体がドライバーではなく、システムになります。
決められた条件と状況であれば、運転に関する捜査を全てシステムに任せられます。
システムが作動しないという不具合が起こった時は、ただちにドライバーが運転を代わらなければいけないので、まだハンドルやブレーキ、アクセル、そして運転席は車内に必要です。

世界では、初めてドイツがレベル3のシステムを搭載した車を発表しました。
この車は中央分離帯があり、片道2車線の道路で、時速60キロ以下で混雑していない時にシステムが運転操作を全て担当できます。
現在は他の国の法律が整備されていないので、レベル2相当として、実際に車が販売されています。

自動運転が一般化された未来

誰もが当たり前のように自動運転の車に乗ることができれば、事故を防げます。
人間が運転していると、操作を間違えてしまうリスクがあります。
実際にブレーキとアクセルを踏み間違えることで建物に衝突したり、通行人を轢いてしまったりする事故が起こっています。
そのような事故がもう起こらないよう、自動運転技術の進化が求められています。

車が全自動で運転できたら、目の前に通行人がいた場合はきちんと停止します。
安全性が非常に高いので、早くそのような未来が来て欲しいですね。
運動機能や認知機能が低下している高齢者でも、車に乗って安全に移動できます。
足腰が弱っている高齢者にとって、自動運転ができる車は必要な交通手段となるでしょう。