自動運転はもうすぐ?最新情報を公開!

車がもっと快適に!自動運転の最新情報

レベルが上がってきている自動運転技術

どこでも自由に自動運転で移動できるようにするためには、まず技術がある程度の安全基準レベルを満たさなければいけません。 自動運転に適した道路にするための整備や法律の改正も同時にしなければならず、全ての条件をクリアできると自動運転レベルが上がります。

自動運転レベルについて

車の自動運転を叶えるためには、技術だけ進化してもいけません。
テクノロジーの進化や法律の改正、インフラ整備なども行っていく必要があります。
技術力やドライバーと車の運転動作の比率などを総合的に含めて、レベル分けしたものを自動運転レベルと言います。
昔は各国が独自の自動運転レベルを設けていましたが、今はアメリカを基準にすることが多いようです。
日本では、自動運転レベルが2を満たしているメーカーが多く見られます。

自動運転レベルが3になれば、これまで運転の主体がドライバーでしたが、今度はシステムになります。
決められた条件の下であれば、システムに操作を全て任せることができます。
自動運転が当たり前になれば、誰でも簡単に運転できることはもちろんですが、間違った操作による事故を未然に防げます。
最近は自動車の事故が増えているので、研究が急がれています。

レベルが4になると、限定領域内でシステムに全ての動作を任せることができます。
これはバスやタクシーなど、決まった走行ルートがある乗り物と相性が良く、それらの仕事の負担を削減できると期待されています。
自動運転レベルが5を満たせば、走行エリアの制限がありません。
どこの道路でも、自由に自動運転で走行することができます。
自動運転はドライバーの必要性がなくなるだけでなく、アクセルやハンドル、ブレーキなど運転に必要な設備がなくなり、車内のデザイン性を高められることもメリットです。

危険な運転を減らすのが目的

最近は、運転する際にブレーキとアクセルを踏み間違えたという事故が多発しています。 自動運転が一般的になれば、踏み間違えるような心配はありません。 危険な事故を防げるというのが、自動運転の大きなメリットです。 もっと安全にするためには、技術をさらに高めなければいけません。

もっと進化した自動運転技術

技術が進化して自動運転レベルが4や5になると、ほとんどの運転の操作をシステムに任せることができます。 特に5になると、もうドライバーは必要ありません。 楽に移動できますし、それに伴い運転のために必要な設備も車内から消え、ゆったりとした空間になります。